「琴座の青星」管理人Orie☆の雑貨日記&HP更新情報です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

少し前のことになりますが、京都に行ってきました
いろいろなことがあって、何と5泊もしてしまいました
前半が友達と、後半を母と、私だけ2回分、みたいな


広範囲を動き回ってまだ行ったことのない寺社を見学したり、
京都のおいしい甘いもの巡りを楽しんだのですが、
旅行の時期がちょうど中秋の名月と重なったため、
月見の旅になりました


12日の夜、友達が予約を取ってくれた、
高台寺の月見のお茶会に行きました。

高台寺お茶会


虫の声が聞こえるお庭を眺めながら、
お茶を点ててくれる本格的なお茶会・・・。
お作法をちゃんと勉強していくべきでした

高台寺茶器



夕方、曇り空でちょっと心配したのですが、
お茶会が始まると、雲間から楕円形のお月様が・・・

高台寺から月


お茶をいただいた後、高台寺の境内を解説付きでお散歩しました。
ライトアップされた静かな境内って素敵ですね

高台寺境内


その後、おいしいお食事と喫茶までついていて、
大人の京都を楽しんでしまいました・・・





そして、母との二人旅になった14日、中秋の名月当日は、
下賀茂神社の名月管絃祭というお祭を見に行きました。

下賀茂神社お供え


神事と管絃や舞の奉納を行うお祭で、
三連休の中日ということもあって、人出が多かったのですが、
早めに行っていたので椅子に座って観賞できちゃいました。

下賀茂神社神事


下賀茂神社奉納台



神事の最中に、参拝客も頭を下げて静粛にしている時間があったのですが、
何というか、同じ空間にとても大きな存在がいるな・・・という
不思議な感覚を覚えました。
大勢の人が静かに、きっと家族や大切な人の健康を祈ったりしている
エネルギーというか、人の想いなのかな。
“神様”ってこういうことなんだろうなぁ、なんて思ったり。

その後、森に囲まれた下賀茂神社の境内に、月が昇ってくるのを待ちながら、
尺八、お琴、雅楽の演奏を聴き、

下賀茂神社雅楽

巫女さんが十二単で舞をまうのを観たり、

下賀茂神社舞い

雅な平安のお月見をしてしまいました
この日も、ありがたいことに良いお天気で、
ほぼまん丸のお月様が、ビックリするほど明るく、
世界遺産の下賀茂神社と糺の森を照らしていました。




そうそう、下賀茂神社に「みたらし川」という川が流れています。
この川の泡をイメージして作られたのが、あの「みたらし団子」なんですって!
みたらし茶屋というところがあって、そこのみたらし団子が
月見団子として奉納されていましたが、
私たちもこのお団子を食べながら、鴨川のほとりでお月見しましたよ


こんなに中秋の名月を意識したことはなかったのですが、
じっくり、たっぷり、中秋の名月を楽しんだ旅でした。

あぁ、良いなぁ、京都って・・・
スポンサーサイト
2008.09.19 / Top↑

ものすご~~~~く久しぶりに、更新しました★

ゼウス最大のピンチ!

テュポンというギリシア神話史上最大の怪物の登場です。
先にネタバレしてしまうと、テュポンはTyphon、
タイフーンの語源と言われる怪物で、
日本語の「台風」という言葉にも何らかのつながりが見えます。

ギリシア神話に出てくる怪物が、
日本語にも影響を与えているかもしれない・・・
と考えると、何だか時空を超えたロマンを感じますよね。

またまた嫌なところでお話が終わっております(^^;)
続きをお待ちくださいませ


琴座の青星へ
2008.09.09 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。