「琴座の青星」管理人Orie☆の雑貨日記&HP更新情報です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

妖精を研究しています。

なんて言うと、心優しい人からは
「妖精に会えると良いですね」なんて
言っていただけたりしますが、
私は妖精に会いたくて、
妖精を研究しているわけではないんですよね。

妖精にとり憑かれたきっかけは、
たぶん、
妖精が怖いからなんですもの(笑)


日本で普通に育てば、
妖精=羽根の生えた小さくて美しいもの
    かわいい、ロマンチックなもの
というイメージができあがります。

しかし、イギリスをはじめとしたヨーロッパの妖精は、
かわいくも美しくもないものがほとんど!
出会うと病気になったり、気が狂ったり、
命を失うことすらある・・・


子供のころから怖がりだった私は、
人の形をしていながら、人ではないものが
異常に怖かったんです。

上野の科学博物館にあった
原人の石像(幼稚園児の自分と同じぐらいの背)、
グレイと呼ばれる宇宙人、
恐竜が人間型に進化していたら?という想像図。

みんなみんな、怖かった・・・。

この人の形で人でないものは、
妖精とも共通している姿でした。

怖いという気持ちが、
いつの間にか知りたいという気持ちに変わり、
気づいたら妖精や、人間が空想の中に作り出した生き物に、
どっぷりはまっておりました。



そんな訳で、いまだにホントに妖精に出会ったら、
怖くない自信がありません。。。



だから、妖精に会えなくても良いんです。
だって、日々の暮らしの中で、
彼らの存在を感じることは
しょっちゅうなんですもの。


怖がりの研究成果はコチラ↓
琴座の青星

スポンサーサイト
2008.06.28 / Top↑

またまた、ほぼ1ヶ月ぶりに更新いたしました。
今回は、泣き妖精とも言われるバンシーと、
北欧の妖精トムテとニッセをご紹介します。

バンシーは、結構有名な妖精なのですが、
そうは簡単に会えない妖精です。
できれば会いたくないけれど、
バンシーが出てくるような家柄の人には会いたい!(笑)

トムテとニッセは、クリスマス特集の中に
ほんの、ほんのちょっと出てきているんですが、
きちんと取り上げました。
トムテやニッセに会いに、北欧に行きたいですねぇ♪
いや、妖精に会いに、ヨーロッパのどこにでも行きたいですけどね

Click here!

2008.06.24 / Top↑

明日は夏至ですね。
ということは、今夜は夏至の前夜、midsummer eveにあたります。
そうです! 一年のうちで妖精に出会いやすい日のひとつです。

さらに、昨日は満月だったんですね!
満月の夜も妖精は野原に出てきて踊っていたりしますので、
この3日ほどは妖精に出会える確立がとても高いかも。


なんて思っていたら、やられました。
机の上に出しておいたはずの領収証が、ない!
封筒をひっくり返して、書類を逆さまに振ってみたりしてもない・・・。
さっきまで出していたファイルの中をチェックしてもない・・・

困ったな~と思いながら、
パタパタとクリアファイルの中をめくっていたら、
ありました

なぜこんなところに・・・?




研究室の妖精さんは、イタズラ大好きなようで、
ノックの幻聴なんかは、毎日のように起こります。。。


最近聞いたところによると、他の研究室にも何人かいるみたいです。
鈴の音をさせる妖精と、食器を洗ってくれる妖精が!!
食器を洗ってくれる妖精さん、うちに引っ越してこないかなぁ・・・。
2008.06.20 / Top↑

時間が経つに連れて、地震の規模も、
被害の大きさも、わかってきたようですね。
岩手・宮城内陸地震で被災された方、お見舞い申し上げます・・・。


救助活動を見ていて、いつも思うのですが、
自衛隊って、何で救助活動でも迷彩服なんですかね?
救助活動なんだから、カモフラージュしちゃダメだろうと思うのですが・・・

消防や警察の衣装は、蛍光色が入った目立つものですよね。
なんで自衛隊もそういうのにしないんだろうと思うんです。

目立つ服の利点として一番に上がるのは、
二次災害が起きた場合だと思うのです。
救助活動中に新たな土砂崩れが起きた場合、
蛍光オレンジの服の一部でも出ていれば、
非常に見つけやすいと思うんです。
迷彩服じゃ、そうは簡単に見つからないでしょう
それから、助けを待つ人の目にも入りやすいので、
遠くからでも助けに来てくれることがわかって、
安心するんじゃないかな~とか


そもそも自衛隊が迷彩服を着てる意味って何なんでしょうね?


危険と隣り合わせの救助活動・・・。
自衛隊の方も、消防の方も、警察の方も、
みなさん怪我のないように・・・。

2008.06.16 / Top↑



そよそよ風が ふいてます
青い葉っぱが ゆれてます
葉っぱのかげから さくらんぼ
出たり 引っこんだり かくれんぼ







先日、さくらんぼをいただきました。
今シーズン初さくらんぼ

さくらんぼの季節になると、
口ずさんでしまう歌があるんですよね
この歌、私が3歳ぐらいの時に
保育園で教わってきた歌なのですが、
いまだに完璧にメロディーも歌詞も覚えているという、
よく考えるとすごい歌です(笑)


いったい誰が作ったのでしょう。
ネット上では、同じ詞を書いている、
幼稚園の先生のブログなんかは見つかるのですが
かんじんの作者についての情報が見つかりません。。。


そして、今も幼稚園などでは歌われているんだな~と
ちょっと嬉しくなったりして


同じ時期に教わった「びわの歌」?もあるんですが、
こちらは出だしの
「びわは~ 優しい木の実だから~」
というところしか覚えてないんですよね。
これは2番とか3番まであるようです。


恐るべし、幼児の記憶力・・・


2008.06.14 / Top↑

入梅が告げられた日の朝の風景

紫陽花とカエルの王子様


現実と空想を混ぜてみました(笑)



気温の変化の激しい季節です。
みなさん、体調にはお気をつけて・・・。

2008.06.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。