「琴座の青星」管理人Orie☆の雑貨日記&HP更新情報です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

ローズヒップティーが苦手・・・

と、しばらく前の日記に書きましたが、
この前ようやく大量にあるローズヒップを消費しようと
挑戦してみました

とりあえずシンプルにローズヒップだけでいってみようと、
ティースプーンに2杯ほどのローズヒップをポットに入れ、
色が出るまで待ってみました・・・・

なかなか色が出ない・・・・

ので、妥協・・・・。

ローズヒップティー


でもこの時点で、ちょっと苦手なあの香りは
たっぷり香ってます

恐る恐る一口・・・・
おや?味がしない・・・ていうか、お湯の味・・・?(笑)

そこで、抽出時間を延長してみました。
でも、やっぱりお湯に多少の味がついた程度。

これなら飲めるかも~

と思ったのですが、さらに量を増やし、長く抽出したものは
独特の香りの酸っぱさが登場していて、
やっぱり苦手でした・・・

たぶん、多少砕いたりしないと、なかなか色&味が出てこないのだと思うのですが、
お湯に香りがついたぐらいじゃないと、飲めないようです

これにハチミツを入れてみたのですが、
これがね~・・・甘くしてはいけないかもしれません。。。
というか、甘さで誤魔化される気のないローズヒップさんたちです

さて、この日の消費量・・・
ティースプーン5杯程度・・・
道のりは、長い。
スポンサーサイト
2008.01.29 / Top↑
2008年初更新情報です

長らく停滞していたギリシア神話コーナーに
ヘラクレスの特集を始めました~。
これも以前のブログから移植ですけど。。。

ヘラクレスに触れないと、ゼウス最大のピンチのお話には
どうしても進めないので、先にヘラクレス特集を・・・。

ギリシア神話の中で大好きなお話があるのですが、
そちらをUPするのはもっと先ですねぇ。

さて、ヘラクレス特集。
ヘラクレスって、双子だったのをご存知ですか?
双子の兄弟はまったくもって有名ではない(普通の人間だった)ので、
名前も触れていませんが、そんな弟がいるんです。
弟の存在が出てくるのは今回だけですお見逃しなく(笑)


click to 琴座の青星

2008.01.28 / Top↑

「ふゆそうび」

という言葉を、初めて聞いて、
その音の美しさとイメージにクラっときたので(笑)メモです


「ふゆそうび」とは「冬薔薇」と書いて、こう読みます。
冬、特に1月の季語なのだそうで、
四季咲きの薔薇が、冬にも咲き残っている状態をいうのだそうです。


薔薇といえば、少なからぬご縁があって、
何となく好きな花になりつつあるのですが
(以前は豪華すぎて、あまり好きな花じゃなかったんです)
今の都心のど真ん中の職場には、さすがに薔薇園はありません。。。

Rose

↑去年の3月までいた職場の薔薇園です。初夏に撮ったものですが。

でも、通りをはさんで向かい側の建物に、
背の低い、小さな薔薇があります。
なんていう種類なのかは知らないのですが、
今、赤い小さな実をつけて、寒空の下にその存在を誇示しています。
さすが、誇り高き花の女王とでもいいますか・・・。

薔薇の実って、お花屋さんにも置かれるそうで、
結構かわいらしいんですよね

野バラの実は乾燥させて、ハーブにするんだそうですよ。
そう!ローズヒップです!
正確には「ヨーロッパノイバラ」、英語ではDog Roseというらしい・・・

今我が家には、このローズヒップが大量にあって、
ローズヒップが苦手な私には、ちょっと覚悟がいる量です・・・。
でもビタミンCはレモンの60倍ともいわれる、美容に良いハーブ。
何とかして飲まねば・・・


おっと、言葉から食べ物に脱線(笑)



冬空の下、凛と咲き誇る薔薇・・・ふゆそうび。
日本語って美しいですよね~
2008.01.22 / Top↑

昨日、非常勤の先生にスペイン土産をいただきました

Gaudi1

ガウディの建築した建物の絵がついた2008年カレンダーなのですが
これが・・・すんごいかわいくないですか!?

Gaudi2

縦11cm、横5cmほどの小さな冊子になっていて、
開くと栞サイズのカレンダーが一つなぎになっています
なので、写真のように引っぱり出すこともできますし、
普通の本のようにめくって見ることもできます。

一つ一つの絵のかわいらしさもさることながら、
わざわざ建物の形に紙を切ってあるのもポイント高いです。
ちょっとした、とびだす絵本状態

中にはお菓子の家のようなかわいらしい家から、
2か月分のスペースを使って一軒のアパートになっている長い建物、
そしてもちろんサグラダファミリアもあります。

ガウディーの奇抜な建築も、水彩風の小さな絵にすると
あの独特な毒気(失礼)が抜けて、おとぎの国のお家に大変身するんですね


あぁ・・・いつか本物を見に行ってみたい
2008.01.12 / Top↑
A Happy New Year!


2008年も早くも10日が過ぎてしまいましたが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?


今年も「琴座の青星」をどうぞよろしくお願いします


さて、クリスマス特集は、完結していないのですが、
クリスマスが過ぎると、どうも書く気が萎えるので、

次のクリスマスまで持ち越し!

とさせていただくことにします
楽しみにしてくださっている方(い、いるかな・・・?)ゴメンナサイ
次のクリスマスシーズンには、手持ちのネタと、更に新しい情報を仕入れて
クリスマス特集の続きを書きたいと思います。

どうぞ、それまで見捨てずに、読みにきてやってくださいませ


というわけで、今後はまた妖精のお話や、
ブログからの移植があまり進んでいないギリシア神話関係のお話を、
順次UPさせていこうと思っております。
妖精に関する私的考察も、エッセー風に載せたいと思います。

と、いうわけで、これからもよろしくお願いします!!


go to Lyra's Blue Star
2008.01.10 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。